生活残業をやめたい…。残業代分のお金を生みだす方法ってどんなのがある?

恥ずかしい話ですが、僕は以前勤めていた会社で残業代ありきの生活をしてました。

不景気の影響もあって仕事量が減り、今まで残業をしないと終わらなかった仕事が定時内で終わるようになり残業をする必要がなくなったのです。

 

残業代を含む手取りが約27万円だったのですが、残業が出来なくなり約5万円手取りが減りました。自分の部署には残業代をあてにしてマイホームを建てた後輩もいて、可哀想です。

とはいえ、残業代ありきの生活をしてるから苦しくなってしまうんですよね…。

 

これといった資格もなく、残業があるのでそこそこ稼げていたのですが、残業が出来なくなるとそうはいきません。働き方改革で残業代がカットされ、生活が苦しくなった方は多いのではないでしょうか。

 

生活残業がよくないなのはわかっていても、無くなってしまうと厳しいものがありますよね。奥さんからは「もっと稼いできてくれないと困るな」と本気で言われ、困っている人も多いのでは。

 
今回の記事は「生活残業ができなくなって減ってしまった給料を補いたい…。」という方向けの記事になります。
 
解決方法から先に紹介しますが転職・節約・副業・投資の4つです。
 
もちろん理想は4つ同時進行なのですが、二兎を追う者は一兎をも得ずという言葉もあり、やったことのないことを4つ同時進行は難しいです。まずは1つずつ責めていくのがベストですね。
それでは紹介していきます。
 
[ad]  

転職をする

残業代をあてにしてるということは、いまの会社の給料が低いということに直結します。

残業しなくてもじゅうぶんな給料が貰えるのであれば、当たり前ですが誰も残業しませんよね。

僕も高校を卒業して就職した会社は給料がよくなかったので最近転職しました。
 
転職サイトは山のようにありどのサイトに登録するか迷いますが、大差はありません。
扱ってる求人が違ったりするので、転職したい業界ごとにいくつか登録するだけでOK。
職種は無限にあるので、総合的な転職サイトと特化したサイトをいくつか紹介しますね。
 
どの転職サイトも1〜2分で登録できますので、興味がある職種のサイトにまずはサクッと登録してみるといいと思います。
 

キャリアスタート

20代〜30代の若手に特化した転職サービスです。
転職お祝いをもらえたり、全国各地から東京に就職する方へのサポートも充実しています。もちろん東京以外の求人も多数あります。

 

工場ワークス

以前の僕のように工場勤務の方は【工場ワークス】がオススメです。
製造業は夜勤がある会社も多く、手当がかなりオイシイので手軽に給料UPが見込めます。

 

介護JJ(ジャストジョブ)

最大20万円の転職支援金がもらえる『介護JJ(ジャストジョブ)』がオススメ。
給与や休日の交渉もしてくれて、完全無料で使える介護・福祉専門の転職サイトです。

 

節約をする


転職以外で副業でも収入をUPすることもできるのですが、それよりもハードルが低いのが支出を減らし節約することです。
支出には固定支出臨時支出の2種類がありまして、飲み会などの臨時支出を頑張って減らそうとする人が多いですが積極的に減らすべきは固定支出です。
今回は固定支出に限って紹介していきます。
 

家賃

家賃はもっとも大きい固定費です。家賃の見直しは家計の見直し。
今の部屋の広さが本当に必要かどうか検討してみるといいと思います。
 
キャッシュバック賃貸という賃貸情報サイトは、サイトを通して問い合わせた物件を契約すると、最大10万円の引っ越し祝い金が必ず貰えるので物件探しにオススメです。
有名企業が賃貸情報を提携しているので胡散臭いサイトじゃないのも安心出来ますね。

現在住んでいる物件と同等条件で家賃が安い部屋もあるかと思いますので、ぜひ公式サイトで確認してみてくださいね。
 

 
 

携帯電話料金

最近耳にすることも多くなった格安SIMに変えることで、大幅な節約が出来ます。
大手キャリアを使ってる方は¥4,000〜¥5,000を毎月節約することが出来るはず。
 
格安スマホに関するアンケートでこんな否定的な意見がありましたが、

・全てにおいて不安しかないから利用したいと思わない
・集中する時間帯(お昼)などに LINEなどが届かないという情報を聞くので、連絡したいときにつながりにくいというのは不安

僕が使っているLINEモバイルでは、LINEが届かないなどの繋がりにくさは感じません。
 
食わず嫌いのように「安かろう悪かろう」と思い込んでいる方は多いようですね。
僕も以前はソフトバンクユーザーでしたが、LINEモバイルに変えてから毎月¥2,000〜¥3,000のスマホ料金で済んでいるのでハッピーです。
 
夫婦でLINEモバイルなので、ソフトバンクを使っていた頃と比べると毎月約10,000円の節約になっています。
ぼくの過去のLINEモバイルの料金明細はこちらの記事に載せています。

https://shumpepei.com/2019/05/02/lmobile/saving/

 
 

電気料金

現在は電力自由化なので自分で好きな電力会社を選ぶことが出来ます。
楽天でんきは基本料金が0円。ポイントで電気料金を支払うことも可能で、余らせている楽天ポイントを電気料金の支払いに使うことが出来ます!
 
Twitterでの口コミもなかなかですね。


いまならお申し込みで楽天ポイント2,000ポイントもらえるので、料金シュミレーションしてみてはいかがでしょうか。

 

住民税

どうせ住民税を払うならふるさと納税をオススメします。
ふるさと納税と聞くと、「なんか難しそう…」と感じる方も多いかもしれませんが
住民税を自治体に先払いするとお礼の品(食品など)がもらえるという感じです。
自分が住んでいる地域に住民税を払ってもなにもお礼の品は貰えませんが、納税方法をふるさと納税に変更するだけで返礼品が貰えます。
 
 

副業をする

ブログ運営
転売・せどり
アルバイト
ストックフォト

投資をする

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です