【LCC】春秋航空でチェックインに遅刻。5分過ぎたけど奇跡的に乗れた話

春秋航空 チェックイン 間に合わない

こんにちは。しゅんぺいです。
春秋航空(スプリングジャパン)でチェックイン時刻に間に合わなかったときの体験を話します。
 
基本的にチェックイン時間過ぎると乗れません。
ですが、結論から話しますと特例でなんとか乗せてくれました。
 
いま現在、空港に移動中で、空港到着時にはチェックイン時間が過ぎているという方は、この記事を読む前に別の便のチケットを予約しておきましょう。
 
航空会社にもよりますが、基本的に支払いをしなければ後からキャンセルは出来ます。
空港に到着してから別の便を予約してる時間があるとは限りませんからね。
 


 

チェックイン時刻は必ず事前に確認しよう


2018年11月、北海道から東京へ遊びに行ってました。
 
飛行機は春秋航空(スプリングジャパン)というLCCを使用。
運よくセール価格で購入でき、札幌⇄成田が往復で6,674円という大特価。
 
頻繁にセール開催してるし、通常時でも安いので見てみてください。
 
安さは大満足ですが、この春秋航空という会社は、チェックインの締切り時間が35分前なのです。
しかもオンラインチェックインが出来ないので、荷物を預けない人も窓口で手続きが必須。
 
15:35発の便なら、15:00までにチェックインしないと乗れません。
脅しじゃないです、マジで乗せてくれません。
 
行きは出発の1時間前に空港に着いたので、問題なく出発できました。
 
問題は帰りの飛行機で、出発が14:45なので締切は14:10です。
運悪くバスに乗り遅れ、14:15に空港到着予定。
 
実はこのとき、まだ締切時間を知りませんでした。
バスの中で調べると、締切は出発の35分前…

 

着いたら締切時間過ぎとる…
北海道帰れないわね…

バスの中で気付きパニックになり、とりあえずバスの中で可能な対策を全力で開始しました。
 

ダメ元でもコールセンターに電話を


遅れることがわかった時点で、ダメ元でもすぐにコールセンターに電話しましょう。
 

春秋航空日本が運航する成田発着便に関するお問い合わせ
ナビダイヤル 0570-666-118

 
僕が電話した際に言われた内容は、
『公共交通機関に遅延があったわけではないので、
締切に間に合わない人はどんな理由があろうと乗せられません』
ということでした。
 
今回コールセンターの対応はこんな感じでしたが、必ず電話はした方がいいでしょう。
あなたが知らないところで遅延が起きているかもしれませんからね。

別の移動手段を考えよう


黙って座っていてもしょうがないので、空港に着くまでにあいだに別の移動手段も考えましょう。
 
僕の場合ですと北海道に帰るための選択肢は以下の3つ。
 
①成田or羽田発の別の飛行機を手配
②新幹線で北海道まで帰る
③茨城空港まで移動し、そこから飛行機で北海道に帰る
 
スカイチケットでチケットを検索しましたが、成田と羽田の当日の北海道行きの便の空きはすでにゼロ…。
 
僕もそうでしたが、間に合わないとわかったときはパニックで、各航空会社のサイトを1つ1つ見比べている余裕はありませんでした。
 
サクッと比較サイトでチケットをとったほうが気持ちに余裕が出来ます。
 


 
成田・羽田発は満席だったので、選択肢は
 
②新幹線で北海道まで帰る
③茨城空港まで移動し、そこから飛行機で北海道に帰る
 
上記のどちらか二択でした。どちらにしても、二人で70,000円程かかります。痛い出費…。
 
新幹線も間に合うか微妙な時間だったので、成田空港に着いたあとに茨城空港に向かうことに決定。
 

空港到着後に奇跡が起きた。


成田空港に着いてから一応、春秋航空のカウンターに行ってみることに。
 
人目も気にせず全力ダッシュしました。
受付カウンターに着くと【受付終了】の張り紙が。やっぱりダメか…
 
と、諦めて駅に向かおうと歩き出したら、カウンターの奥から
『札幌行きの飛行機ですか!?』
『まだ間に合うので急いでください!!』と職員さんの声。
 
受付が終わると「今回だけですよ。」と念押し。
 
まじで涙目になりましたが、泣いてる時間もなく、大至急受付をしてもらい搭乗口まで再びダッシュ。
汗だくになりながらも、なんとか札幌行きの飛行機に乗ることができました。
 

終わりに

今回は本当にラッキーでしたが、特例だと思うので、あまりアテにしてはいけないと思います。
 
事実として、バスの中でTwitterを調べていたら
『締切過ぎたから手続きしてくれなかった』って人が結構いました。
 
春秋航空を利用される皆さん【35分前】は絶対に厳守です!
時間厳守が難しい方はLCCの利用は控えた方がイイかも。
 
例えばANAだと、20分前に保安検査を通過していれば飛行機には乗れますからね。
 
人生で遅いほうがいいことなんて基本的にありません。
早く行動するからこそ、「遅くても大丈夫だった」と結果論として思うだけですからね。
 
せっかくの楽しい旅行なので、最初から最後まで余裕をもって最後まで楽しく旅を終えましょう。
では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です