【レビュー】話題のコーヒー豆のサブスクサービス「PostCoffee」を試してみました

こんにちは。BALMUDAのおしゃれケトルを結婚祝いで頂いてからコーヒードリップにハマっています。

 

コーヒー豆はよく買い忘れがちなので、定期的に届けてくれる「PostCoffee」というサービスを利用してみました。

 

今回はPostCoffeeについて書いていきます。

 

PostCoffeは毎月コーヒー豆をポストに届けてくれるサービス

ついつい書い忘れがちなコーヒー豆ですが、PostCoffeはユーザーの好みに合わせたコーヒーボックスを毎月ポストに届けてくれるサブスクリプションサービスです。

 

このような箱が毎月ポストに届きます。ヤマトのネコポスで届きました。

 

現在は新型コロナの影響で梱包資材が手に入らなく、ステッカーでの対応となっているようですが、通常は以下のようなパッケージみたいですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

PostCoffee 📮☕️ポストコーヒー(@postcoffee.co)がシェアした投稿

 

コーヒー豆を届けてもらうためには簡単なコーヒー診断を行う必要がありますが、かんたんな10個の質問に答えるだけなので1分程度で完了しました。

 

次項ではコーヒー診断の結果届いたコーヒーボックスを紹介していきます。

 

ポストに届いたコーヒーボックスを紹介!

 

コーヒボックス内容

・コーヒー豆45g × 3袋 (約9杯分)

・スタートブック

・組立式ドリッパー

・ミニステッカー

 

初回に届いた豆はニカラグア・コスタリカ・ブラジルの3種類でした。

それぞれの特徴は以下のようになっています。

 

ニカラグア

チャーミングな甘酸っぱい香り。ほんのりワインを思わせる凝縮した果実味。

 

コスタリカ

繊細で上品な風味。はちみつがけのりんごのように甘く、優しい。

 

ブラジル

とってもバランスがよく安心する味わい。ローストしたナッツの香ばしさが印象的。

 

おまけで組立式のコーヒードリッパーとステッカーもついてきます。

 

組み立てるとこのようなドリッパーになりました。

家では使わないので、キャンプに行ったときにでも使おうと思います。

 

さっそく届いたコーヒーを飲んでみる

まずはニカラグアをドリップしてみました。

 

パッケージ裏はこんな感じです。

 

密閉できるパックになのでこのまま保存しておくことができます。

 

小さい袋なのでそのままミルに入れることができて便利でした。

 

 

届いたコーヒーを評価するとより好みの豆が届く

到着から7日経つと、届いたコーヒー豆のフィードバックができるようになり、次回のコーヒーボックスにフィードバックが反映されます。

より好みに近いコーヒーが届くようになるそうで、今からとても楽しみです。

 

まとめ

PostCoffeeはどんなコーヒー豆が自分に合うのかわからない…という方や、筆者のようにコーヒー豆を買い忘れがちな方におすすめなサービスです。

 

毎月の料金も¥1,598〜(税込)と続けやすい価格帯なのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

おしゃれなパッケージで美味しいコーヒーが毎月届き、生活の質が上がること間違いなしですよ。

 

PostCoffeで無料コーヒー診断してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です