ヒソヒソ話現場を見かけると不快になる方へ。解決方法教えます

あなたの職場にもいませんか?
ヒソヒソ話大好き人間。
 
女性男性関係なく、どこの会社にも生息しているかと思います。
なんか感じ悪いし、イライラしますよね…。
見かけるだけで不快になる方も多いはず。
 
「もしかして私の悪口?」
「クビになったらどうしよう…。」
と思いつめてしまう人もいますね。
 
この記事では
・なぜヒソヒソ話は人を不快にさせるのか
・なぜ奴らはヒソヒソ話をするのか
を深掘りしていきます。
 

ひそひそ話は人を不快にさせる


ひそひそ話を見かけた人のうち、
約30%の人が不安感や不快感を感じるそうです。
そして男性よりも女性の方がひそひそ話に敏感というデータもあります。
 

ではなぜひそひそ話現場を見かけると

人は不安になったり、不快だと感じるのでしょう?

 
パッと思い浮かんだのは、

・自分の噂話をされているのかも

・自分の悪口を言われているのかも
・仲間外れにされているのかも
 
こんな感じでネガティブな印象を持つ場合が多いです。
なんとなくですが
ひそひそ話=ネガティブな話題
だと感じてしまいますよね。
 
ではなぜネガティブに感じるひそひそ話をするのか、
さらに深掘りしてみましょう。
 

人はなぜひそひそ話をするのか?


なぜ人を不快にさせるひそひそ話をするのか、
いくつか理由を考えてみました。
 
・誰にも言えない話
・仕事に関係ない話
・確証がない話の確認
・噂話、悪口
 
こんな感じでしょうかね〜。
挙げてみるとわかるんですが、ほぼあなたのことは話していません。
クスクス笑いながらこれ見よがしにあなたの方を見て話す、とかなら問題ありですが。
 
なので、気にする必要はありません。
とはいえ、やはり気になりますよね。
そんなときは対策が2つあります。
 
①ひそひそ話をやめさせる
②セルフイメージを変える
 
順番に解説していきます。
 

①ひそひそ話をやめさせる

ひそひそ話してくる人たちに直接
「私の前でひそひそ話はやめて!」
と言いましょう。
 
はい。やべえヤツですね。
あなたの前ではしなくなるかもですが、間違いなく陰であれこれ言われるようになるでしょうね。
 

②セルフイメージを変える


具体的な解決方法はこちらになります。
①は僕なりのギャグでした。
 
人間は誰でも「私はこんなひと」というセルフイメージを持ってます。
ひょっとするとあなたはひそひそ話を見かけたときに
「私は◯◯だから悪口を言われてるのかも…。」
「私は仕事が出来ないからクビになるのかも…。」
なんて思ったりはしてませんか?
それはセルフイメージがネガティブだから発生しています。
厳しい言い方ですが、被害妄想ともいえます。
 
このセルフイメージをポジティブに変えていくと
ひそひそ話は驚くほど気にならなくなります。
 
具体的にポジティブに変えていく方法は
 
・自分の長所をきちんと理解する
・他人はあなたに興味がないことを理解する
 
この2つです。
1つずつ説明していきます。
 

自分の長所をきちんと理解する

 
ネガティブなセルフイメージが強いというのは
自分の短所を把握しすぎているとも言えます。
短所だけではなく、長所をきちんと知り
悪口を言われるような自分ではない、とセルフイメージを高めていきましょう。
 

他人はあなたに興味がないことを理解する

 
もしかするとあなたは
「自分の悪口を言われているのでは?」
ということで頭がいっぱいになってしまうこともあるはず。
人目が気になりすぎてしまうのかもしれません。
 
ですが、大多数の人は、
他人のことで頭がいっぱいになんてなりません。
 
私もですが、他人のことが気になるのは一瞬。
数分後には全く違うことを考えています。
本当に他人の目を気にしていれば、あなたのことみていないことに気づくと思います。
 
冷たい言い方にはなりますが
あなたが思うほど、周囲の人はあなたに興味がありません。
もし1日中頭から離れない人がいるならば、それは付き合いたての恋人だけでしょう。
 
この事実をきちんと理解するだけでひそひそ話なんて気にならなくなります。
他人は変えられませんが、自分自身なら努力次第で変えることができます。
 

まとめ


いかがでしたか?
ひそひそ話=悪口 という可能性はそれほど高くないので
気にするだけ精神が消耗してしまいます。
あなたが気にするほど見られていないので大丈夫!
 
少しずつでいいので、
セルフイメージをプラスに変えていきましょう^^
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です