【猫の保険】アニコムのペット保険に加入してよかったこと

2021年10月に立ち耳のスコティッシュをお迎えして2ヶ月が経ちました。

ペットショップでアニコムのペット保険に加入したのですが、ペットショップで加入する保険なんてどうせお高いだけなんでしょう?と感じていましたが、デメリットばかりではありませんでした。

 

ネットの口コミではランキング低めだけど、いいところもたくさん

 

ペットショップのみで加入できる「べいびぃ」プラン

ペットショップで動物を迎えたときのみに入れる【べいびぃ】というプランがあります。

 

1ヶ月以内であれば病院代が100%保証してもらうことが可能で、うちの子も2回病院に行き、合計で8,063円かかりましたが全額補償してもらえました。

迎えて1ヶ月以内はいったん全額支払ってから保険金請求する必要がありますが、2ヶ月目からは人間のように窓口で5割負担もしくは3割負担の支払いで済みます。

 

保証金額を差し引いた窓口精算ができるので便利!

前項でもちらっと書きましたが、人間が病院で3割しか支払いがなくて済むように、アニコムに加入していると支払いが5割もしくは3割の負担で済みます。

例えば10,000円の治療費がかかった場合でも、負担は3,000円or5,000円なので立て替える必要がないのも嬉しいポイントです。

 

毎年1回無料で腸内フローラの検査を受けられる

動物にも腸内フローラは存在しており、バランスが崩れると生活習慣病を発症したりするそうです。

 

まだまだ始まったばかりの研究なので信憑性のほどは不明ではありますが、

8,800円の測定キットが保険に加入すると無料でもらえると考えるとなかなかお得ですね。

参考までに測定キットの商品ページリンクを載せておきます。

腸内フローラ測定キット販売ページ

 

保険加入してから3〜4ヶ月で検査キットが送られてくるそうなので、結果が出たらまたシェアしますね。

以下のリンクから結果画面のサンプルを見ることができます。

結果画面サンプル

猫の場合に限り、腎臓病のリスクを知ることもできるそうです。

 

シニアペットでも加入することができるプランがある

我が家には18歳の猫もいるのですが、今まで保険に加入したことはありませんでした。(調べたこともなかった)

今まで病院に行ったこともないので、必要性を感じたことがなかったのですが先日はじめて風邪をひいた時に重要性に気がついきました。

 

ですが調べてみても加入できるのは11歳以下までという保険ばかりで、18歳でも加入できるプランがあるのはアニコムだけでした。

加入時は入院・手術補償のみの保険ですが、前項にも書いた腸内フローラ検査の結果が良好であれば、通院補償付きのプランに移行することができるそうです。

 

うちの子は元気そうなので移行できることを期待して、加入を検討しています。

 

もちろんデメリットもあります

一番のデメリットは価格です。安いところと比べるとやっぱり高いです

例えばPS保険というところでは月々2,440円で100%補償というかなり安いプランがあります。

 

窓口精算はないですが年間最大で110万円まで補償してくれるし、請求から着金まで12日程度とすぐに振り込まれるのも魅力的なポイントです。

立て替え不要な窓口精算も魅力的ですが、全額保証は安心感が段違いですよね。

 

筆者はアニコムの回し者ではないので、今年迎えた0歳のスコティッシュはPS保険に乗り換えようかなと考えております。

 

18歳のおじいにゃんはアニコムでフローラ検査を受けて通院補償のあるプランに乗り換えれたら最高です。

 

ペットの保険は必須だと考えているので、迷っている方はぜったいに加入しておいた方がいいと思います。

お金が理由で命の選択をしなければいけないなんてイヤですからね。お金で解決できることには前もってお金を払っておきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です