Amazon Primeのメリット・デメリット

Amazon Primeアマゾン プライムは1ヶ月あたり410円で加入できるAmazonの有料サービスです。

 

今記事ではプライム会員特典が気になっている方必見の内容となっています。

 

Amazon Primeの料金

 

なんといっても気になるのはサービスより料金ですよね。

Amazon Primeの料金は月額と年額のどちらかをお好みで選ぶことができます。

 

年間:4,900円

月額:500円

 

見てわかるとおり、年会費を一括で払う方がお得になっています。

海外と比べてもかなり安い

 

Amazon Primeのメリット

お得すぎるメリットを紹介します

①送料が無料に。お急ぎ便も使い放題!

Amazonでお買い物をする方にはかなりお得な特典。

Amazonの送料は以下のとおり

 

本州・四国 北海道・九州 プライム会員
2,000円以上の注文 無料 無料 無料
2,000円未満の注文 410円 450円 無料
お急ぎ便 510円 550円 無料
当日お急ぎ便 610円 650円 無料
日時指定配送 510円 550円 無料

 

②対象の動画が見放題!「プライムビデオ」

NetflixやU-NEXTのようなVODサービスがプライム会員は無料でついています。

 

「見放題作品はどうせ少ないんでしょ?」と僕も思っていましたが、かなり充実しています。

 

③音楽も無料で聴ける!「プライムミュージック」

アプリもしくはWeb上で音楽を聴くことができます。

 

Amazon Music

Amazon Music

posted withアプリーチ

 

④Music Unlimited が会員特別価格で

 

⑤1,000冊以上の本が読み放題「プライムリーディング」

 

 

僕はKindle Unlimitedというサービスを登録しているのですが、プライムリーディングだけでもいいかも…

 

⑥写真を無制限に保存可能!アマゾンフォト

専用アプリ利用で解像度を落とさずに、しかも無制限で写真を保存することができます。

 

結婚式でプロのカメラマンに撮ってもらった高画質のデータを、劣化させずに保存できるのはとても嬉しいポイントです。

 

無制限に保存できるのは写真のみなのでご注意ください。

 

⑦ペット用品が10%オフ

 

 

 

⑧おむつがいつでも15%オフ

 

⑨学生限定のAmazon Studentがすごすぎる

大学生、専門学生限定にはなるのですが意味わからんくらい安いです。

学生に優しすぎるAmazon神…

 

Amazon Primeのデメリット

厳しい目で見ても致命的なデメリットは見当たらないプライム会員ですが、重箱の隅をつつく感覚で粗探しをしてみました。

 

①地域限定サービスが多い

僕は北海道に住んでいるため、AmazonフレッシュやAmazon Now、ラッシュ便といったサービスを利用することができません。

 

それでもプライム会員になる価値は十分にあるのですが、都心部に住んでいる方は利用できて羨ましい!

 

②Amazonフォトへの依存に注意

高解像度の画像を劣化させずに保存できるため、今後プライム会員の料金が大幅に値上げされた場合に困り果てる可能性があります。

 

アメリカのプライム会員の価格は119ドル(約13,000円)なので、さすがに大幅に値上げがあっても10,000円前後だとは思いますが。

 

僕は今のサービスなら年間10,000円くらいの価値は普通にあると思ってるので解約はしないと思います。

 

③家族会員は配送料以外の恩恵を受けれない

利用規約にしれっと書いてあります。

Amazonプライムの配送に関する特典は、会員登録したご本人のほか、同居のご家族2人までが家族会員として一緒にご利用いただけます。Kindleオーナーライブラリーなど他のAmazonプライム特典は共有できません。


家族会員がご利用いただけるAmazonプライム特典には以下が含まれます。

・お急ぎ便が無料

・お届け日時指定便が無料

・特別取扱商品の取扱手数料が無料

・プライム会員限定先行タイムセール

・Prime Now

・Amazonパントリー

・Amazonフレッシュ(Amazonフレッシュ会員(配送料無料プラン)はプライム会員ご本人が登録することで自動的に利用できるようになります)

出典:Amazonヘルプ&カスタマーサービス

 

あくまでも「家族会員ができること」なので、メインアカウントを利用すればビデオや雑誌、音楽を複数人で楽しむことも可能です。

 

参考までに

プライムビデオ

ストリーミング再生は3台まで可能(同じタイトルは1台のみ)

 

プライムミュージック

1台の端末でPrime Musicをストリーミング再生中の場合は、別の端末からのストリーミングを続行するかどうかを確認する通知が画面に表示されます。

この制限は、Prime Musicのストリーミングにのみ適用され、モバイル端末にダウンロードされたPrime Musicには適用されません。

出典:Amazonヘルプ&カスタマーサービス

 

プライムリーディング

 

出典:Amazonヘルプ&カスタマーサービス

 

同時利用は可能ですが、メインアカウントを共有すると購入履歴などもすべてバレバレになってしまうのでイヤな人もいるかもしれません。

 

我が家は妻がAmazonコンテンツに一切の興味を示していないので、僕のアカウントを共有せずに済んでいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です