ahamo3ヶ月使ってみました。これは大手キャリアユーザーよりも格安SIMユーザーにおすすめ。

かれこれ4年くらいLINEモバイルを使ってきましたが、2021年5月にdocomoの格安プランahamoに変えました。

LINEモバイルからahamoに買えた理由は

・速度に不満があった(特にお昼どき)

・もともとそこまで安いプランを選択していなかった(月額2,500円くらい)

・多少高くなっても、ストレスフリーでネットを使いたい

以上の3つが大きな理由です。

 

ahamoは月額2,970円から利用可能なdocomoの格安プランです。

・5分以内なら通話し放題

・データ容量は月間20GB

・申込みはネットのみ

これが基本的なahamoのプラン内容。

 

20GBで足りるの?と思う方もいるかと思いますので、筆者のスマホ利用状況は紹介しておきます。

・自宅にはWi-Fiあり(光回線なので無制限)

・出先で動画を見ることはほぼない(主にインスタ・Twitter見てる)

・仕事は月〜金の平日5日間

・モバイル通信でのネット閲覧時間は毎日90分くらい

・通勤時はAppleMusicをストリーミング再生(往復50分程度)

 

以上の条件下で使用していますが、月末に5GB〜10GBは余っています。

 

実際の料金はこんな感じです。これは6月の料金。

d払いを使ったので267円差し引いて2,973円ですね。

 

こちらは7月請求分の。今回もd払い使ってるので647円差し引くと2,974円です。

1円増えたのは電話リレーサービス料というものが増えたためです。

 

料金はLINEモバイルのときは2,500円前後、ahamoになってからは3,000円なので差額はわずか500円です。

500円で通勤時間帯やお昼休みの低速イライラから開放されたと思うと安上がりにすら感じます。

 

5G対応地域なら5G通信も問題なく使えます。テザリングも追加料金無しで使える。

 

3,000円は破格の安さではありませんが、格安SIMの速度に不満だった筆者には大満足のプランです。

・モバイル通信で動画を見ることはあまりない

・格安SIMの低速度に不満を感じている

・通話はほとんどしない

・スマホ料金3,000円くらいまでなら許容範囲

こんな方には非常におすすめできるプランとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です