【レビュー】Aesopのレスレクション ハンドウォッシュは使うたびに香りに癒される。ギフトにもおすすめ

いつもよりすこし、いや、かなりお高めのハンドソープをAesopで購入しました。

 

先日たまたまAesopの店舗に行くと、コロナ対策で接客方法が以前と変わっておりました。

店員さんと1:1で話し、気になるアイテムを試していく感じです。

 

以前はふらっとお店に入って商品を眺めるだけだったのですが、接客方法が変わったことで「これはなにか買わなきゃ気まずい…!」という雰囲気に…(私だけです。強要はされてません)

 

せっかくの機会なので、以前から気になっていたアイテムをいくつか購入してみました。

 

3つのアイテムを購入しましたが、今記事で紹介するのは上の画像中央のハンドソープです。

レスクション ハンドウォッシュ 500 ml / ¥ 4,730

 

 

両隣のポスト プー ドロップス(左)とレスレクション ハンドバーム(右)は別記事で紹介します(余裕があれば…)

 

いままでキレイキレイを使っていた我が家からすると、かなりのお値段アップを遂げたのですが、毎日使うハンドソープがいいモノなのはとても気分がいいですよ。

 

それでは紹介していきますね。

 

Aesop レスレクション ハンドウォッシュの使い心地や持ち具合など

 

透明なジェル状のハンドソープ。柑橘系の香りが広がり、とてもいいにおいです。

 

オレンジ系の香りとローズマリーの香りが合わさってとても上品な香りがします。

 

1プッシュ最後まで押すとかなりの量が出ますので、使用量は控えめにしています。

上記画像は最後まで押してるので大量に出ています。おそらく、これの半分もあればじゅうぶんです。

 

しっかり泡立てることで香りも広がるので、いい香りを嗅ぎたいために一生懸命手を洗っている感じすらあります。しっかりと洗うのでウイルス対策もバッチリですね。

 

うちの洗面台に置いてみるといい雰囲気になりました。ずいぶんAesopが似合うねぇ、君。

ちなみに洗面台のタイルは、名古屋モザイク工業のマルアーク RF-46というものを使っています。

 

購入したのは2020年6月26日で、現在8月9日ですが約1ヶ月半で4割ほど使いました。

 

使用頻度は2人で1日4~5回ほど使う程度だと思います。

いままで通りの使用ペースなら4ヶ月程度は持つはずなので、4~5ヶ月に1度買うくらいならそこまで痛い出費ではないかなと考えています。

 

ひとり暮らしなら半年以上は余裕で使えるかなという印象です。

 

Aesopのハンドソープは決して安いとは言えませんが、手を洗うたびにいつも幸せな気分になれるのであれば、よい自己投資をできたといえます。

 

おうち時間も増え、日常生活のストレスをAesopのハンドウォッシュで癒してみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です